普段のお水がわずか数秒で炭酸水に変わる【ソーダストリーム】

アイキャッチ画像

自宅で手軽に炭酸水が飲みたい!

気分に応じて炭酸水の強さが変えられると嬉しい!

手間がかからず場所もとらない炭酸水メーカーが欲しい!

そんなあなたに画像

詳しくはコチラ画像

専用のボトルをセットしたらわずか数秒でお好みの炭酸水が作れちゃう、それが毎年約20億㍑の炭酸水を供給している世界No.1の炭酸水メーカーソーダストリームです。

日本国内での取扱い店舗は3,000店を超え、世界では45ヵ国70,000店で販売されてるそうですからまさに炭酸水のトップメーカーですね。

今やソーダストリームの炭酸水メーカーは還暦祝い、結婚・出産祝い、父の日のプレゼント等でも人気の一品です。

公式サイト限定品であればのし・ギフトバッグにも対応してます。

※渡部さんのCMでお馴染みの方もいらっしゃるのでは。

「炭酸水の活用」についてはコチラ↓の記事にまとめてあります

ソーダストリームの炭酸水メーカー

ソーダストリームのおススメアイテムは2種類。

ソーダストリーム Spirit (スピリット)スターターキット

人気No.1の炭酸水メーカーがSpirit (スピリット)です。

キャプチャ画像

コンパクトサイズでスリムなデザインのSpirit (スピリット)はソーダストリームの定番商品といってもいいでしょう。

用意するのは水だけ。

電池も電源も必要なし。

機器上部の丸いボタンをプッシュするだけでおいしい炭酸水がすぐに作れちゃいます。

ボタンを押す回数で炭酸の強弱が調節できます。

カラーは3色展開(レッド・ホワイト・ブラック)。

スピリット・使用方法

セット内容

  • ソーダメーカー本体×1
  • ガスシリンダー60㍑用×1
  • 1㍑の専用ヒューズボトルに加えて持ち歩きに便利な500mlボトルがプラス
  • さらに公式サイト限定で、未発売のブランドロゴ入りボトル(500ml)も

ソーダストリーム Spirit (スピリット)ワンタッチ スターターキット

上記 Spirit (スピリット)の電動モデルSpirit (スピリット)ワンタッチです。

キャプチャ画像

基本機能はSpirit (スピリット)と同じですが、手動で炭酸の強さを調整するSpirit (スピリット)に対して、Spirit (スピリット)ワンタッチは最初から微炭酸・中炭酸・強炭酸用に3つのボタンが用意されてることです。

あとはお好きなボタンを押すだけ。

自動でお好みの炭酸水が出来上がります。

キャプチャ画像

ただし自動(電動)になったことで付属の電源アダプタをコンセントにつなぐ必要があります。

色はホワイトとブラックの2色展開。

Spirit (スピリット)ワンタッチ使用方法

セット内容

  • ソーダメーカー本体×1
  • ガスシリンダー60㍑用×1
  • 1㍑の専用ヒューズボトル
  • さらに公式サイト限定で、未発売のブランドロゴ入りボトル(500ml)も
  • 電源アダプタ
ガスシリンダーについて

ガスシリンダーの容量は60㍑

1日1㍑飲んだとして500mlペットボトル約120本分、計算上はおよそ2ヵ月持つ計算になります。

ただし1日の使用量が多かったり強めの炭酸水を作る場合は当然のことながら炭酸ガスを多めに使うため、その分早めになくなっていきます。

そのほかMini Deluxe(ミニ デラックス)用の25㍑サイズもあります。

ただしコチラは多少割高になります。

キャプチャ画像

空になったガスシリンダーはオンラインショップや全国の家電量販店・百貨店などでも交換できます。

(新規購入代よりも割安)

ソーダストリームのおススメポイント

point1画像

水を用意するだけで、自分の好みの強さの炭酸水が作れる。

point2画像

できたての炭酸水が飲める。

point3画像

炭酸水だけでなく、砂糖などを入れない健康ジュースや自分好みのカクテル・ハイボールなんかも作れる。

point4画像

500mlあたりおよそ100円の市販の炭酸水と比較するとソーダストリームは約18円ととても経済的。
(※機器購入代やガスボンベ代を除く)

point5画像

ペットボトルの買い出しの必要もなければペットボトルのゴミ処理の手間も減って家庭にも地球にもやさしい

その他の機種

ソーダストリームでは先にご紹介した2機種以外にもさまざまなタイプの炭酸水メーカーが用意されてます。

その概要と先ほどの2機種との違いを中心にいくつかご紹介します。

ソーダストリーム GenesisDeluxe v2(ジェネシスデラックス v2)スターターキット

ソーダストリームのベーシックモデルがGenesisDeluxe v2(ジェネシスデラックス v2)で、 基本機能はSpirit (スピリット)と同じです。

キャプチャ画像

Spirit (スピリット)と異なる点はSpirit (スピリット)ボトルをワンタッチで着脱できる「スナップロック機能」を搭載しているのに対し、GenesisDeluxe v2(ジェネシスデラックス v2)のボトルはくるくる回しながら着脱するタイプ。

つまりコチラの方が若干手間がかかるというわけです。

その分、Spirit (スピリット)に比べて価格はいくぶん安くなってます。

色はレッドとホワイトの2色展開。

GenesisDeluxe v2の使用方法

市場にはソーダストリーム Genesis v2という”Deluxe”が付いてない機種もあります。

シンプルにデザインや材質の違いのみで機能自体は全く同じものです。

”Deluxe”アリの方は外観の一部がメタルメッキ仕様になります。

ソーダストリーム Source v3(ソース v3)スターターキット

Spirit (スピリット)はボタンを押す回数で炭酸の強弱を調節できますが、あくまで使う人の感覚次第と言えます。

その点Source v3(ソース v3)は、炭酸ガス注入ブロックを押すたびにLEDランプが弱→中→強と光っていくので炭酸の強弱が一目で分かる仕様になってます。

いわばSpirit (スピリット)の上位機種のような位置づけです。

キャプチャ画像

色はレッドとホワイトとブラックの3色展開。

Source v3の使用方法

ソーダストリーム Source Power(ソースパワー)スターターキット

ソーダストリーム炭酸水メーカーの最上位機種に位置づけられてるのがSource Power(ソースパワー)です。

キャプチャ画像

Spirit (スピリット)ワンタッチと基本的な機能は同じで、Spirit (スピリット)ワンタッチ同様、3種類のボタンを押すことで炭酸レベルが調節できます。

違うのはガス抜きが自動で行われるということ、そしてデザインの違いだけです。

”ガス抜き”といっても何か特別な工程があるわけではありません。

炭酸が充満したボトルを外すときには「プシュー」という音と共にガスが抜けますがそれがいわゆる”ガス抜き”です。

このガス抜きを自動でやってくれる、つまり「プシュー」という音を出さずに自動でガス抜きしてくれるのがSource Power(ソースパワー)の自動ガス抜き機能です。

ただSource Power(ソースパワー)はSpirit (スピリット)ワンタッチに比べて1kgも重く値段も10,000円ほど高くなるので、デザインや自動ガス抜き機能がどうしても欲しいという方以外はコスパのいいSpirit (スピリット)ワンタッチの方をおススメします。

色はホワイトとブラックの2色展開。

Source Power(ソースパワー)使用方法

ソーダストリーム Mini Deluxe(ミニ デラック)スターターキット

Spirit (スピリット)のミニサイズ版になるのがMini Deluxe(ミニ デラック)です。

色はレッドとホワイトの2色展開。

キャプチャ画像

サイズが小さくなった分、取り回しはSpirit (スピリット)よりはラクです。

ただしガスボンベは標準(60㍑)の半分以下のサイズ(25㍑)にもかかわらずガスボンベの価格が半額以上とコスパがよくないので、特別な事情がない限りは標準サイズ用の炭酸水メーカーを選んだ方が無難です。

詳しくはコチラ画像